どのタイミングで食べれば、体に負担がかからないかを知っておくとダイエットの時に困りません。

そして、ストレスを発散させるために過食してしまうのが太る原因になるので注意しましょう。

● 血糖値が低くなる時間ダウンロード (25)

テレビを見ながら食事すれば、画面に意識を取られてしまって食べ物を目で見ること、においをかぐことに意識が向きにくくなります。

その結果「満腹感」を感じにくくなり、食べ過ぎて太ってしまいます。

人は、体の中の血糖値の上下で体が太りやすい状況になったり、痩せやすくなったりします。

そして、血糖値が低い時間は、6~7時・10~11時・16~17時ごろの3回で、このタイミングを食事の時間にすれば痩せやすくなります。

私たちは、ただ普通に生活しても知らない内にストレスをためてしまいます。

現代人の生活は、特に人間関係でのストレスを貯めることが多く、感じない方はいないといっても過言ではありません。

人はストレスを感じれば、身を守るためにエネルギーを使い、食べ物の消化に必要なエネルギーが減少し、消化機能が低くなり消化不良に陥ります。

こうなってしまうと、栄養が吸収されにくく代謝が落ち、太りやすくなります。

● ストレス発散には

ストレスを感じれば過食する傾向にある人もいますが、溜まってるストレスは食事以外のことで発散させましょう。

人の体はBMAL1というたんぱく質があって、これは血液中の脂肪分の蓄積時にはたらき、この量が多くなれば体に脂肪がたまりやすいです。

そして、ダイエット中の食事はこのBMAL1が少ないときに行ってください。

主に14~16時ぐらいに食べたものが脂肪になりにくいです。

そして、ダイエット中の食事の回数を減らしたり、抜いたりして、体重を落とそうとする人もいますが、食事を抜けば逆に太ることにつながりますので一日三食バランスのよい食事を心がけましょう。

● 甘いのを食べたいときはダウンロード (26)

血糖値上昇を逆手に取って満腹感を感じやすくする方法があります。

これは食事前にチョコレートを食べることです。

すると、血糖値が上昇し満腹感を感じ、その後の食事量が少なくできます。

また、やせる食べ方はチョコレートを食べるなら食事20分前にしましょう。

チョコレートの種類は「カカオ含有量7割以上」食べる量は「15~20グラム」「時間をかけゆっくり食べること」。

砂糖がたくさん入ってるチョコレートは言うまでもなく太りやすいので敬遠してください。

食事前のフルーツですが、これは酵素が含まれフルーツを食べ酵素をとるとその後、食べたものを消化する力に好影響を与えます。

エネルギー代謝もよくなり痩せやすくなります。

食事する前のだいたい30分前にフルーツを食べてみれば、酵素の働きでやせやすい状態になり太りにくくなります。

● 置き換えてみるといい

ダイエット中食事制限しても、どうしてもラーメンやケーキなど太りやすそうな物を食べたくなることもあります。

そうした食べ物を違うものに置き換えてみるのも太らない方法です。

例えば、「ラーメン」のような高カロリーな食物は「そば」の低カロリーの麺類に置き換えて食事してみてください。

「ケーキ」を食べたくなれば、ダイエットにいいとされる「甘酒」や「カカオ含有量7割以上のチョコ」を食べて太らない工夫をしてください。

太る食べ物に使われてる食材をカロリーの低いものに置き換えるのも太らないための工夫です。

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました