朝起きたら、まず一杯の水を飲む簡単な方法です。

もちろん、過剰な摂取はお腹を壊すだけですので体によくありません。

そして、寝つきをよくすることも大事なことです。

しかしながら、現代人は夜でも明るい生活をしてしまいがちです。

就寝前のスマホ操作などにも注意しましょう。

● 疲れた体を回復させること。

疲れた体を癒し疲労回復する方法は色々ありますが、基本的には睡眠が一番です。

私たち人間には睡眠は欠かせず、良質な睡眠をとれば、しっかり疲れがとれます。

そして、睡眠の質は寝る前にどういう過ごし方をするかで変わります。

寝つきがよくなるように心がければ、睡眠の質は改善されます。
● 寝つきよくすること。

寝つきよくするための方法をご紹介します。

毎朝、朝日を浴び体内時計をリセットし、寝る前にはストレッチしてください。

また、指圧は疲れを取ることに効果的ですので、ストレッチを合わせて行うとより効果的です。

就寝前のスマホ操作はスマホのライトが眠気を抑えてしまいますので、就寝前にスマホを見ると目が覚め寝つき悪くなるので注意が必要です。
● 代謝を上げるには

ダイエット成功には代謝を上げることが大事ですが、代謝が上がることで体の消費エネルギーが効率よく行われ、体の脂肪が燃焼されます。

そして、私たちの代謝は1日の一定の割合で行われません。

朝の起床後のタイミングが、最も代謝の低い状態でそれから徐々に代謝は上がります。

そして、起床後1時間内に朝食を食べることで体内時計がリセットされ代謝は上がり始めます。

逆に、朝食を食べる時間が遅くなると代謝は上がりづらくなり体質も太りやすくなります。

● ダイエットで大事なこと。

「早食い」すれば太るというのは常識です。

私たちが食事して満腹を感じるポイントは「血糖値が上がる」・「胃の中に食べ物が入る」・「食べ物を噛む」の3つ行動です。

このうち食べ物を噛むことに注目してください。

「早食い」することによって噛む回数が少なくなります。

満腹中枢が満腹と感じるまでに時間がかかるために、次から次へと食べ物を食べるのです。

食べ過ぎないようどうすればいいのかと言えば、食べ物を口に運ぶとしっかり噛みましょう。

こうすると、噛む回数が増え、食べるスピードが落ちて満腹感が感じられるようになり食べ過ぎを防げるのです。

● 水分について
食事中に水分をとることはダイエットには悪影響です。

多くの水を飲むと胃酸が薄くなります。

その結果、消化不良を起こして胃腸の働きが悪くなり代謝が落ちて太りやすくなります。

そして、食事中の水分はコップ1~2杯程度に抑えること。

すると消化不良が抑えられて満腹中枢を刺激し食べ過ぎも防げます。

人が満腹を感じるのはお腹でなく脳で感じ、視覚、嗅覚など刺激されると満腹感が得られます。

 

 

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました