● 疲れた体を改善する

私たち人間は食事で口をしたもので体調が左右されて、食べるものによって体調を崩したりすることもあります。

そして、疲れやすい体を改善するのは疲れの原因を見ればわかるはずです。

その疲れの原因に挙げられてる乳酸ですが、これは運動などをして体を動かしたら筋肉にたまる疲労物質であり、乳酸を早くとることにより疲れた体を回復できます。

そして、その乳酸を取り除くため必要になるものがビタミンB1であり、これは乳酸分解効果があって、これを多く含む物を食べることにより体質改善が可能です。

そして、疲れやすい体を改善できるものは、ビタミンB1が豊富なもの以外にもあり、クエン酸が豊富な食べ物です。

● 甘いもの食べ過ぎは

体は、疲労がたまれば弱アルカリ性の常用から酸性の状態になります。

その原因は、筋肉にたまる乳酸やエネルギーで使われたブドウ糖粕です。

これら2つが、体を酸性の状態に変えるのです。

しかし、酸性から弱アルカリ性に体が戻れば疲れやすい体を改善できるはずです。

アメ・チョコなど甘いものは疲れた時、食べるとすぐエネルギーとなり疲労回復に役立つと言われてますが、いくらそうしたものが回復に役立つといっても食べ過ぎは、かえって体を疲れやすくしてしまいます。

そして、甘いのを食べ過ぎれば血液中のブドウ糖が急に増え血糖値が上昇し、そして、また血糖値が下降するので、甘いのを食べた直後元気が出てもしばらくすれば疲れが出てしまうのです。

● 疲れたときのコーヒーは

コーヒーが好きな人は、たくさんいると思います。

コーヒーを飲めば頭がすっきりし、リラックスした気持ちになれて、疲れが取れるような気がしてきます。

しかし、コーヒーの飲み過ぎは過剰なカフェインの摂取となり、興奮と覚醒を促すホルモン分泌を促し過ぎるため、必要以上に体力消耗させてしまうので、飲み過ぎれば一時的にすっきりしますが、逆に疲れやすくなります。

ですから、あなたが自分の体が疲れやすいと思って、コーヒーをたくさん飲むような習慣があれば少なくしてみるべきです。
● 深い呼吸が大事

私たちが日々無意識にしてることに呼吸がありますが、これをしてみると酸素を体内に取り入れ血液に乗り酸素が全身に行き渡りますが、実際、無意識にしてる呼吸が浅くなれば体が疲れやすくなります。

どうして呼吸が浅くなれば疲れてしまうのかですが、酸素摂取量が少なくなって、全身の酸素量が低くなるので、体の機能が衰えてしまうのです。

そうしたことを改善し、深い呼吸に役立つものが腹式呼吸で、これをしてみれば肺の下にある横隔膜位置が下がって普通に呼吸するより沢山酸素が肺に入って、結果、体の隅までしっかり酸素が行き渡り身体の機能が活発化して疲れやすい体を改善できるはずです。

 

images (34)

 

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました