ダイエット中に陥りがちなのことは「食事制限」によって、体に必要な栄養素まで失われてしまうことです。

特に、油分やたんぱく質は避けがちですが、摂取を避けることで体重が減りにくくなることもあります。

薄着

● 脂肪より先に筋肉が減ることもあります。

ダイエットで食事制限する際、注意することの一つに「カロリーを制限しても脂肪より先に筋肉が減ってしまう場合があること」です。

身体のエネルギーが足りなくなると脂肪が真っ先に分解されると思われがちですが、実際には脂肪の分解にもエネルギーが必要になります。

そのため、脂肪より先に筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとすることがあるのです。
また、一度筋肉が痩せ細ってしまうとカロリーが難しくなります。

これは、筋肉が収縮することでカロリーが消費しやすくなるからで、筋肉が無ければ運動してもあまり効果を得にくくなります。

筋肉の隙間に脂肪が入り込むとセルライトの元になるなど、リバウンドを起こす原因にもなります。

● アミノ酸や良質な油が脂肪を分解する。
体の構造に関する研究が進むにつれ、脂肪の分解にはアミノ酸が大きな役割を果たすことがわかってきました。

たんぱく質を摂取すると胃の中でアミノ酸に分解されるため、良質なたんぱく質は、ダイエットをするために非常に重要になるのです。

野菜や果物に偏った食事はたんぱく質やアミノ酸が不足する原因となります。
また、脂分の不足にも注意が必要です。

ビタミンEをはじめ、油に溶けやすい性質のビタミンは油を上手に加えないと身体に吸収されずに体の外に出てしまう可能性があります。

緑黄色野菜にノンオイルドレッシングでは摂取しきれない栄養素が生まれてしまうのです。

魚の脂や、一部の良質な植物油には血液をサラサラにし、コレステロール値を安定させる効果があることも知られています。

コレステロール値の極端な上昇は肥満の原因となるためコントロールも重要になります。
肉や魚を摂取するか、大豆たんぱく質などでアミノ酸を補い、良質な油をとる事でダイエットが進みやすくなるのです。

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました