ダイエットの大敵としてよく挙げられるのは「むくみ」ですよね。
そもそもむくみとは、老廃物の回収・運搬の役目があるリンパの流れがうまくいかないことにより老廃物や水分がたまってしまうことが原因になります。
体がむくんでしまうと、太くなって見た目が悪いのはもちろんですが、体重が増えてしまったりとダイエットのモチベーション維持にとってはマイナスだらけですよね。
ダイエットの大敵であるむくみを改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

この記事ではその点に焦点をあててまとめてみました。

■ 塩分を控える images (29)

むくみの原因は塩分である、というのはよく知られていることですね。
塩分が体内に入るとナトリウムになるのですが、塩分を過剰に摂取することで体がナトリウム濃度を薄くしようと水分を溜め込もうとしてしまいます。
その結果、体に水分が溜まってむくんでしまうというわけなのですね。
なので、むくみを防ぐ為にはできるだけ塩分控えめを心がけることが大事です。
例えば梅干や味噌汁などは塩分が高いとされますが、できるだけ塩分控えめな梅干や味噌を使うようにしましょう。

 

■ 運動をして筋肉をつける

体がむくむ原因として、筋肉不足があげられます。
体に筋肉がつくことで、ポンプ機能がはたらき、血流も良くなりますし、リンパの流れも良くなり、老廃物がたまりにくくなります。
特にふくらはぎの筋肉を鍛えるのは効果的です。

ふくらはぎの筋肉を鍛えることで、足に溜まった血液が心臓に戻り、足がむくみにくくなります。
■ マッサージが効果的

足のむくみ対策として効果的なものとして、マッサージが挙げられます。
足をマッサージしてリンパの流れを良くすることで血行が良くなり、老廃物が溜まりにくくなります。
その結果、足のむくみが改善してスッキリと細くなることが期待できます。
マッサージのポイントは、「指先から根元に向かって行う」ということです。
例えば足なら、足の根元にリンパ節があります。

足の指先から根元に向かってマッサージするようにしましょう。
マッサージしづらい場合、マッサはージオイルを使うとすべりがよくなりマッサージしやすくなりますし、アロマの香りでリラックスできますよ。
■ アルコールは控えめにimages (30)
お酒を飲んだ翌日、顔がパンパン…という経験をした人は少なくないでしょう。
お酒を飲むと、血中のアルコール濃度を下げるため体が水分を溜めこもうとするので、どうしてもむくみやすくなってしまいます。
お酒を飲むときはできるだけ水も一緒に飲む、そして塩分控えめのつまみにするなどを習慣にする事が、むくみにくくなるポイントですよ。

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました