前回は「冷え性」には要注意、ダイエットにとって「冷え」はよくないことをお伝えしました。

今回は体が冷えている原因ををご紹介します。

■「身体を温めすぎている」風呂

一見すれば温めることはいいことのようですが、常に体を温め続けることが体を冷やしてしまう場合があります。

人間にはホメオスタシスというはたらきが備わっています。

これは急激な寒冷の変化にも対応できるように、体が現在の状態を維持しようとするはたらきです。

例えば、冷たい氷にふれた時に手がジンジンと熱くなるのもそのはたらきのためです。

冷えた体を急激に温めると、体は元の状態(冷えた状態)に戻ろうとするため、元の温度より下がってしまう可能性があります。

服装に心がけて冷えないようにすることは大切なことですが、何回も入浴したり、常に温めすぎていると、その反動によって温めるのをやめた時に急激に冷えてしまうことがあります。

 

■身体のゆがみゆがみ

体の熱は毛細血管を使って運んでいます。

そのために体の中のどこかにゆがみが生じれば、毛細血管が行き止まりになるため身体の末端まで温かい血液が届きにくくなります。

体のゆがみは、「猫背」や「O脚」など目に見えているものから「関節痛」や「腰痛」など、自覚症状が出て初めて実感する体のゆがみもあります。

毎日座ってばかりや立ってばかりなどの同じ姿勢でいる方は一度、体の歪みを確認することをおすすめします。

 

■食べ過ぎ 食べ過ぎ

「食べ過ぎる」と胃腸に血が集まりすぎます。

そのため、骨格筋、脳、心臓の筋肉など他の器官への血液の供給が低下し耐熱が低下します。

常に食べ過ぎていると、体の末端への血液の供給が少なくなり冷えやすくなるということです。

 

 

■ストレス ストレス

ストレスは冷え性にも関係があります。

身体がストレスを感じると緊張ホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まります。血管が収縮して血行が悪くなると体温が低下して「冷え性」になります。

 

 

■生活リズムの乱れ 生活リズム

覚醒作用のあるコルチゾールというホルモンの分泌は午前5時頃から分泌され午前8時頃にピークになり夜間になるにつれて分泌量は少なくなります。

また体温は午後3時頃~5時頃に徐々に下がり、午前4時頃には最低になります。

血行が悪く、冷え性の方には、生活リズムが乱れている方が多く目立ちます。

寝不足からの肌荒れの原因には血行の不良や冷えが潜んでいます。

昔の生活のように「日の出に起き、日没に休む」のような生活は難しいですが、遅くても、夜の22時から23時には就寝し、6時から7時には起きる生活を心がけてください。

休みの日を利用して、日頃の寝不足を解消しようと寝坊をするのは間違いです。

寝不足を補おうと寝坊をすることは、その夜は寝つきが悪くなり翌朝から生活リズムが乱れます。

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました