肥満体質が原因で成人病に陥るケースは多々あります。

糖尿病のリスクや内蔵脂肪による臓器への負担など最悪、命が危険な状態になる可能性も秘めています

そんな肥満体質の改善には「コレステロール値を下げる」食べ物を摂取することです

その中の1つが大豆です

大豆にはレシチンと呼ばれる成分が含まれておりこの成分が血中のコレステロールを燃焼しやすく体内に残りにくくしてくれる働きをします

そうすると、コレステロールが体内で燃焼されているため脂肪が付きにくくなり肥満にもならないという循環を作り上げます

更にレシチンには神経の高ぶりを抑える効果もありイライラやすい現代人にとってはかなり重宝する食べ物になっています

もう1つがジャムなどでよく目にする「マーマレード」です

マーマレードには血中コレステロールそのものを無くしてくれる作用があります

朝にパンを食べるときにジャムをマーマレードにするだけで効果もあるので食生活を改善しやすいのも良い食べ物です

 ほかにも健康的になれる食べ物はたくさんあります

塩分を多く摂りすぎている現代人にピッタリな減塩効果のある柚子や心臓病になりにくくする効果のあるイワシも食べると良い食べ物です

更に色んな食事でも使えるのが大豆製品です

大豆には肥満体質改善がありますがそれだけでなく癌や動脈硬化の予防にもなる大変素晴らしい食べ物です

豆乳など飲み物としても摂取しやすく食生活をそんなに大きく改善出来ない方でも少しずつ試せる食べ物でもあります

 ダウンロード (20)

■ 悪玉コレステロールの値が高くなる原因

● 加齢

● 脂肪分の多い食事

● 食物繊維不足

● ストレス

● 肝機能の低下

● 飲酒

● 体質(遺伝)

肝機能が関係してくるのは、肝臓がコレステロールを合成したり、吸収したりする役割を担っているためです。

加齢により肝機能が落ちてくると、若いころは多少の暴飲暴食でも問題ない肝臓でしたが、加齢により次第にカバーできなくなり、一気にコレステロールの値が悪化します。

その他、気を遣った食生活を行っていても、遺伝的にコレステロール値が上がりやすい「家族性高コレステロール血症」という病気もあります。女性の場合、更年期後に閉経して女性ホルモンのエストロゲン分泌量が減るとコレステロールが高くなることもあります。

また、精神的なストレスや生活環境の大きな変化で心身に大きな影響を受けることでもコレステロールが上がることがあります。

ストレスを受けると体の組織がダメージを受け、肝臓からその修復のためにコレステロールがたくさん血液中に送られます。

また、ストレスや睡眠不足によって余分なコレステロールを肝臓に戻す役割をもつ善玉コレステロールの働きが弱まってしまうと、血中にコレステロールが溜まる一方になり、数値が上がってしまいます。

加齢、生活習慣、体質によるもの、ストレス、いずれの場合も、正しい対策が必要です。次回は正しい対策についてご紹介します。

マーナ購入のお電話番号は

ダイエットサプリマーナMAANAへのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご相談の種類
 ご相談 カウンセリングの予約相談 その他お悩み

ご相談内容をご入力下さい

 内容を確認しました